コラーゲンの基礎知識

美容を気にする方ならよく耳にするコラーゲンですが、なぜ美容にいいのか、どんな効果があるのか、しっかり理解できている方は少ないようです。

 
今回は、気になるコラーゲンについてご説明します。
人間が生きていく上で大切な3大栄養素に、炭水化物、タンパク質、脂肪がありますが、コラーゲンはタンパク質に分類され、体中の様々な部分にあり、細胞と細胞をつなぎ合わせる重要な役割をしています。
このコラーゲンは、たくさんの細胞に栄養分や酸素を運び、そして、老廃物や二酸化炭素といった人体に不要になったものを回収し運び出します。そのため、コラーゲンが減少すると、細胞に必要な栄養が届かなくなり、どんどん老廃物がたまっていきます。こうして細胞がダメージを受けた結果が老化なのです。

 
残念なことに、コラーゲンは年齢と共にどんどん減少していきます。20歳頃から減り始め、放っておくと、40歳では約60%、60代では約40%に減ってしまいます。

 
これを補うためには、コラーゲンが豊富な動物性タンパク質の摂取がおすすめです。手羽先や魚の頭、ホルモン等に、たっぷりと含まれています。一度食べれば即効果が出るわけではなく、継続して摂取することで効果が現れます。
また、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要不可欠ですので、食事の際には一緒に摂取することを心がけてください。