効果と働きについて

年齢とともに肌に張りがなくなったり、透明感がなくなってきたという悩みをかかえている女性は多いです。

 

皮膚の下の真皮と呼ばれる場所には、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど生成する働きがある肌細胞があります。この肌細胞は加齢や紫外線、ストレスなどで減少してしまいます。そのためストレスや年齢とともにさまざまな肌トラブルが起こるのです。最近は美容関係の医療も発達しており、自分の皮膚をほんの少し採取して培養し、気になる部分に注入することで若いころの働きを取り戻すといった施術があります。自分の皮膚を使って培養するので失敗や副作用もなく安全です。マイナス面とすれば、早急に劇的な変化を求める人には向いていないという点です。ゆっくりと効果が現れてきますので、気長に待つ必要があります。

 

若々しさをいつまでも保ちたい、若いころにはなかった肌トラブルを改善したいという方におすすめです。一回の施術で永久に効果があると言うわけではないので、1年半から2年に1回注射すると状態をキープできます。

 

しかし最新の医療なので値段はかなり高額になります。安全ですが、手軽に受けられるレベルではありません。お金に余裕がある人にはとてもおすすめな方法です。

Comments are closed.